【特集:ガーデンウエディング】憧れの演出がいっぱい!先輩カップルのガーデン結婚式レポート6選

こまウエ編集部TEXT by こまウエ編集部

2020.03.27

演出

結婚式のスタイルが多様化している今、オシャレ花嫁の人気を集めているのが「ガーデンウエディング」。今回は、ガーデンウエディングを叶えた新潟の先輩カップル6組の結婚式レポートをご紹介!
真似したくなる演出がいっぱいです。



H夫妻/アーククラブ迎賓館(新潟市東区)

“青空の下でのケーキ入刀は記憶に残る演出になりました”

邸宅やガーデンを貸し切りできるところに引かれ、新潟市東区の「アーククラブ迎賓館」を選んだふたり。「太陽がまぶしすぎるくらい良い天気でした」という結婚式当日は、鮮やかな青空が広がる快晴で、憧れのガーデンでの演出を存分に満喫できた。ケーキ入刀やファーストバイト、ブーケトスなど、緑に囲まれた空間に映える演出を実現。ガーデンならではのゲストと距離の近いアットホームな雰囲気で、続く披露宴も盛り上げた。

◆注目のガーデン演出!◆
アフターセレモニーのブーケトス。広いガーデンをめいっぱい使ってゲストへトスした。大勢のゲストが参加する中、新婦の友人が見事キャッチ。



◆注目のガーデン演出!◆
ガーデンでのケーキ入刀は「珍しいので、ずっとやってみたいと思っていました」という新婦憧れの演出。ナチュラルな空間にピッタリのネイキッドケーキが華やか。

▼ふたりが結婚式を行ったアーククラブ迎賓館の詳細はこちら▼


N夫妻/CAVE D'OCCI(カーブドッチ)

“愛犬も挙式に参加できて、幸せ過ぎる一日になりました”

山に囲まれた大自然で挙式がしたいと、新潟市西蒲区にあるレストラン「カーブドッチ」を選んだふたり。「雨予報でしたが、挙式では晴れてくれました」と、天気もふたりをお祝いしてくれた。緑あふれるガーデンでは、両親や友人の子どもたち、大切な家族である愛犬も誓いのシーンをサポート。距離の近いアットホームな一日となり、「終盤にはゲスト同士も仲良くなっていました」とみんなの絆が深まった一日を喜んだ。



◆注目のガーデン演出!◆
フラッグボーイやトレーンベアラーなど、お手伝いしてくれた子どもたちと一緒に記念撮影。後ろには角田山が広がり、新潟らしい景色もゲストに提供できた。



指輪交換のシーンでは、結婚式の前日が誕生日だった新婦に、新郎からサプライズで婚約指輪をプレゼント。内緒で用意してくれたリングに、驚きとうれしさに涙してしまった新婦。

▼ふたりが結婚式を行ったCAVE D'OCCIの詳細はこちら▼

 

H夫妻/リージェンス・ウェディングマナーハウス


“理想通りのアットホームな式で、一生の思い出になりました”

 出産や新生活が落ち着いた時期に、新潟市の「リージェンス・ウェディングマナーハウス」での挙式を決めたふたり。当日は天候に恵まれ、屋外での挙式やデザートビュッフェを叶えることができた。愛娘が活躍するシーンでは、愛らしい姿にゲストみんなが笑顔に。「ガーデン挙式で親子3人、手をつないで歩けたことが一生の思い出になりました」と新婦。ナチュラルな空間をふたりらしく飾り、ゲストと温かな時間を共有した。



◆注目のガーデン演出!◆
新郎が娘と仲良く入場。「ガーデンで挙式ができることが会場決定の大きな決め手でした」とふたりが語る通り、当日はガーデンでの晴れやかなセレモニーが叶った。



◆注目のガーデン演出!◆
会場併設のガーデンでデザートビュッフェを提供。「パーティーでもガーデンを活用したかったので取り入れました。披露宴会場と自由に行き来ができるので、みんな楽しんでくれました」。

 

▼ナチュラル派のふたりに♡ガーデンウエディング特集はこちら▼



O夫妻/アークベルグループ ピアザ ララ ルーチェ

“大切なゲストと、近い距離で楽しめた一日でした”

新潟市中央区にある「ピアザ ララ ルーチェ」で結婚式を叶えた小川夫妻。バスケットボールが縁で結ばれたふたりは、結婚式でもバスケを絡めた演出がしたいと、屋外のガーデンや広場を活用した演出を存分に盛り込んだ。挙式後のバルーンリリースに始まり、新郎によるボールトス、サプライズのフリースロー対決、華やかなデザートビュッフェなど、ゲストと一緒に楽しめる内容に終始笑顔があふれる一日となった。



花嫁に人気のチャペルから続く大階段。花びらが舞うフラワーシャワーでは、ゲストから祝福される喜びをかみしめながら、ゆっくりと歩いたふたり。



◆注目のガーデン演出!◆
パーティー会場に併設するガーデンで行ったテーブル対抗のフリースロー対決。優勝者にはお菓子の詰め合わせをプレゼント。結婚式では珍しい演出にゲストも笑顔で参加した。

▼ナチュラル派のふたりに♡ガーデンウエディング特集はこちら▼




I夫妻/アークベルグループ ピアザ デッレ グラツィエ





“憧れのドロップ&フライを、特別に叶えてもらえました”

三条市「ピアザ デッレ グラツィエ」で挙式を叶えたふたりのお気に入りの演出は、プールのないガーデン広場に特設プールを作って実現させたドロップ&フライ。「ずっとやりたかった憧れの演出を、プランナーさんがアイデアを出して叶えてくれました」と新婦。カラフルな風船が空に舞うドラマチックなシーンにゲストも笑顔に。ほかにもフラワーシャワーやブロッコリートスなど、ガーデンで非日常なひとときを楽しんだ。



前撮りは芝生が広がるガーデンで。新婦のウエディングドレスは繊細なレース使いがポイントのフェミニンなデザイン。新郎はドレスに合わせた爽やかなホワイトのタキシードを選んだ。



◆注目のガーデン演出!◆
水に溶ける糸を付けた風船を、全員で一斉にプールに入れるドロップ&フライ。ふたりとゲストの幸せを願った風船がキレイに空を彩り、新婦念願の華やかな演出は大成功!

▼ナチュラル派のふたりに♡ガーデンウエディング特集はこちら▼



O夫妻/ホテル泉慶・華鳳



“新潟らしい美しい景色を、ゲストに味わってもらえました”

新発田市の月岡温泉にある「ホテル泉慶・華鳳」の壮大なガーデンにひと目ぼれしたという新婦。新緑が美しい春のウエディングは、日本庭園に似合う和婚を選択。温かな日差しが照らす中、厳かな神前式で契りを交わした。「県外ゲストに新潟らしい景色を楽しんでもらえて良かったです」とふたり。続く披露宴ではマジックショーや、フルートとピアノの伴奏など、プロによる上質な世界観でゲストに感動を届けた。

まぶしいくらい天気が良かったという挙式当日、大切なゲストに見守られながら和のウエディングを叶えた。「開放的な青空の下、ステキなガーデンで結婚式ができて最高でした」とふたり。



たくさんのゲストに囲まれながら乾杯。「料理がとてもおいしい旅館なので、新潟の美食をゲストに味わってもらえたら」とこだわりの婚礼料理を振る舞った。

 

まとめ:シーズンごとのガーデンの魅力を楽しんで♪

いかがでしたか?屋外で楽しむガーデンウエディングは、季節ごとの異なる景色や演出を楽しめるのも魅力です。
春は桜をテーマにしたスイーツを並べたデザートビュッフェを、夏は緑いっぱいの空間でフェスのようなスタイルで、秋は紅葉をバックにした大人の和のウエディング…と、季節の良さを取り入れた演出もオススメ。
ぜひ、ガーデン演出を取り入れたふたりらしい結婚式を叶えてくださいね。

▼ナチュラル派のふたりに♡ガーデンウエディング特集はこちら▼


この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“演出”の最新記事はこちら

このページの先頭へ