【令和元年ウエディング】プロポーズを印象的に♡オススメの花束はコレ!

こまウエ編集部TEXT by こまウエ編集部

2019.04.24

ウエディングトピックス

平成から新元号「令和」への改元に伴い、日本中がおめでたいムードに包まれたのも記憶に残る今日この頃。
なかには、「令和元年のうちにプロポーズを・・・」なんて方もいるかもしれませんね。

そこで今日は、プロポーズの花束にオススメのお花を、花言葉とともにご紹介します。花言葉と一緒にプロポーズすれば、とってもロマンチックなプロポーズになること間違いナシ、ですよ♡

プロポーズしたら、されたらこまちウエディング.netで結婚式場選び

新潟県の花「チューリップ」

今、県内各地で見頃を迎えている「チューリップ」の花言葉は「愛の告白」。ピンクなら「誠実な愛」、紫は「不滅の愛」と、これから人生を歩むふたりにピッタリな花言葉ばかり。このゴールデンウイーク中なら、咲き誇るチューリップ畑でのプロポーズもロマンチックですね♡

母の日だけじゃない「カーネーション」

母の日の花としておなじみ「カーネーション」。ピンクは「熱愛」、ホワイトなら「純粋な愛」という花言葉を持っています。最盛期は3月から5月ですが、いつでも入手しやすい花材なのもうれしいポイント。ほかのお花と合わせてコーディネートしやすいところも魅力です。

今どきのリング選びってどうなの?新潟カップルのリング&こだわりまとめ

かわいらしさが魅力「ヒヤシンス」

小さな小花が集まったかわいらしさと、甘い香りが人気のお花。青い「ヒヤシンス」の花言葉は「変わらぬ愛」。花束としてプレゼントするのもおすすめですが、水耕栽培で球根から育てることもできるので、インテリアとして長く楽しむことも可能です。

かれんな美しさ「マーガレット」

3月~5月にかけて最盛期を迎える春のお花「マーガレット」の花言葉は「真実の愛」「信頼」。「マーガレット」という名前は、真珠を意味するギリシャ語の“マルガリーテ”という言葉からきていると言われており、ウエディングブーケに使われることも多いそうですよ。

プロポーズの後は両家ご挨拶・・・おすすめの定番手土産6選

王道で行くなら「赤いバラ」

「あなたを愛してます」「愛情」「熱烈な恋」といった花言葉を持つ赤い「バラ」。花言葉がプロポーズにふさわしいのはもちろん、その高級感あふれる美しさに憧れる女性も多いはず。赤い「バラ」の花束なら、情熱的なプロポーズを盛り上げてくれそうです。

清純な印象の「カスミソウ」

花束やフラワーアレンジメントによく使われ、他の花を引き立てる印象のある「カスミソウ」。花言葉は「清らかな心」「幸福」。「カスミソウ」はドライフラワーにしやすいので、プロポーズの後も大切に保存しておくのもいいですね!

プロポーズでリングを贈りたい!新潟のリングショップを探す

明るく朗らかな「ガーベラ」

気分を盛り上げてくれるような大輪の花が魅力の「ガーベラ」。花言葉は「希望」「前進」。ピンクの「ガーベラ」は「感謝」「崇高美」という意味もあるそうです。明るい印象の「ガーベラ」の花束を用意すれば、緊張しがちなプロポーズも朗らかな気持ちで臨めるかもしれませんね。

魅力あふれる「ラナンキュラス」

花びらが幾重にも重なるお花が愛らしい「ラナンキュラス」は、一般的なフラワーギフトとしても人気の花材。「とても魅力的」「華やかな魅力」といった花言葉を持っています。紫の「ラナンキュラス」なら「幸福」という花言葉も。

結婚が決まったら、まずはブライダルフェアへ!スペシャルキャンペーンをチェック

華やかさ満点の「シャクヤク」

女性の美しい姿を表現した慣用句にも出てくる「シャクヤク」。大きな丸いフォルムの大きなお花は華やかさ満点で、その存在感は抜群。ピンクの花言葉は「はにかみ」ですが、白はズバリ「幸せな結婚」。花姿も花言葉もプロポーズにピッタリですね。

ナチュラル感をプラスする「アイビー」

観葉植物などでよく見る「アイビー」は、花束のアレンジにも使われナチュラル感を演出してくれます。その花言葉は「永遠の愛」「不滅」「結婚」「誠実」。メインになるお花と一緒に組み合わせてもらって、プロポーズに込めた決意を表現しましょう。

花束に思いを込めて、プロポーズをもっとステキに♡

プロポーズに一番大切なことは「自分の言葉で『結婚したい気持ち』を伝えること」。そんな愛のこもったプロポーズにさらに彩りを加えてくれるのが花束です。
「凝ったプロポーズの演出はできないな」「リングは一緒に選ぶ予定だから用意してない」・・・そんな方は、花束を活用して、ちょっと特別感のあるステキなプロポーズを叶えてみては?

プロポーズの次は入籍準備も!オリジナル婚姻届を無料でダウンロード

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“ウエディングトピックス”の最新記事はこちら

このページの先頭へ