こまちウエディング特製オリジナル婚姻届♡

ふたりのメモリアルな瞬間を
もっとステキに、
一生の思い出に♡

新潟で結婚するふたりの幸せを願って、
オリジナル婚姻届をご用意。
好みのデザインを選んで提出&保管しよう!

「提出用」と「ふたりの記念用」
デザインを用意

提出用デザイン

指輪を置いて写真が撮れるよ♡ 提出することができる婚姻届。リングを置いて写真撮影もOK。
最新デザインは「こまちウエディング」本誌の特別付録にもなっています。

ふたりの記念用デザイン

メッセージが書けるよ♡ WEB限定の記念用婚姻届には、お互いへのメッセージが書けるスペースを作りました。
提出した日の気持ちをずっと手元に残せますよ!

印刷方法

実際に提出する場合は、ダウンロードしたPDFファイルを必ずA3サイズの用紙で印刷の上、ご記入・提出ください。
用紙サイズが違うと役所に提出することができませんのでご注意ください。

A3サイズで印刷する方法

1.コンビニエンスストアで
コンビニエンスストアのプリントサービスを利用する。(詳細は各ショップにてご確認ください)
2.出力ショップで
ダウンロードしたPDFデータを出力ショップに持ち込み、A3サイズでプリントしてもらう。
3.ご自宅で
ご自宅のプリンタでA3サイズにて印刷、または、A4サイズで印刷し、コンビニエンスストアなどでA3サイズに拡大コピーする。

印刷上のご注意

ダウンロードしたPDFを、コンビニエンスストア等に設置してある一般的なプリンタで印刷した場合、 5㎜程度の余白(フチ)ができます。これは、プリンタの機能上フチなし印刷ができないためです。誠に申し訳ございませんが、 ご了解の上ご利用をお願いいたします。

なお、現在発売中のこまちウエディング最新号は、フチのない「ボタニカル婚姻届」が1枚付録となっております。 新潟県内の書店、コンビニエンスストア、Amazonでお買い求めいただけますので、こちらもご利用いただければ幸いです。

最新号の購入はこちら

amazon.co.jp

新元号に伴う対応について

本サイトに掲載の婚姻届は全て、元号の記載がありません。入籍日に応じて、元号も含めて手書きで明記してご利用ください。
新元号が発表され次第、新しい元号表記の婚姻届の掲載対応を予定しています。 具体的な掲載開始は別途ご案内いたします。

お手持ちの「平成」表記の婚姻届を
改元後に使用される場合

「平成」表記のある婚姻届は、「平成」の部分を訂正することで改元後も基本的には使用できます。
具体的な訂正方法は自治体によって異なることが予想されますので、事前に提出先の自治体にご確認いただくようお願いいたします。

ボタニカルデザインNEW

流行のくすみカラーのお花やグリーンを使用。
マリッジリングを置くとお花に囲まれた、
フォトジェニックな写真が撮れます。

提出用デザイン
ふたりの記念用デザイン

提出用・記念用どちらもダウンロードできます

サムシングブルー

新潟花嫁のハッピーを願い、
幸せのおまじない「サムシングブルー」を
モチーフにしたエレガントな婚姻届。

提出用デザイン
ふたりの記念用デザイン

提出用・記念用どちらもダウンロードできます

ストライプ

キュートでポップなデザインは
結婚するおふたりの喜びを表現。
リングを置けばインスタ映えもバッチリ!

提出用デザイン
ふたりの記念用デザイン

提出用・記念用どちらもダウンロードできます

ピンクハート

愛らしさ抜群の婚姻届。
おふたりの愛を象徴するような
ハートモチーフがポイント。

提出用デザイン
ふたりの記念用デザイン

提出用・記念用どちらもダウンロードできます

シンプル紅白

スッキリとした中にも
おめでたさ満点の紅白デザイン。
こまちウエディングのロゴ入り。

提出用デザイン
ふたりの記念用デザイン

提出用・記念用どちらもダウンロードできます

婚姻届けの書き方(記入例)

記入の仕方は下の例をチェック。
夜間や休日に提出する場合、間違っていると受理されないこともあるので、平日に審査を受けておくと安心。

1.記入日ではなく、提出日!

婚姻届を書いた日ではなく、提出する年月日を記入しよう。受理された日が入籍日になるから、ふたりの記念日として忘れないようして。
新元号に伴う対応について

2.現在、住民票のある住所を記入

入籍のタイミングで新居に引っ越す場合は、新しい住所を記入して。また、婚姻届と同日に転入届と転出届を提出しよう。

3.結婚後の氏と本籍地を記入して

婚姻後の氏は必ずどちらか一方にチェックを入れること。新しい本籍には、ふたりが新しく戸籍を置く住所を記入しよう。

4.未成年の場合は両親の同意が必要

夫、もしくは妻が未成年の場合、この欄に両親の「婚姻を同意する」旨の署名と押印が必要。事前確認、署名の依頼をしっかりしておこう。

5.結婚する前の氏名を署名しよう

届出人の項目には、ふたりでそれぞれの欄に署名、押印をする。いずれも旧姓で記入。しっかりと、緊張せずに書こう。

6.同じ氏の人に頼むなら別々の印鑑を

証人はふたりの婚姻を知っている成人であれば誰でもOK。もし、同じ氏の人に証人をお願いする場合は、別々の印鑑を使用する。

CHECK POINT

  • 運転免許証やパスポートなど
    本人確認ができるものを用意
  • 提出時は「婚姻届」と「届出書に捺印した
    それぞれの印鑑」を持参
  • 本籍地以外で提出する場合、
    戸籍謄本が必要なことも

婚姻届の記入時、疑問点や確認事項は、
提出前に近くにある役所へ確認しておこう!