【練習も提出もOK!】オリジナル婚姻届 無料ダウンロードのススメ

こまウエ編集部TEXT by こまウエ編集部

2019.04.06

ウエディングトピックス

オリジナル婚姻届で入籍するカップルが増えています

新元号「令和」フィーバーを経て、2020年に入ってからも芸能人の結婚ラッシュが続き、入籍するカップルも多かったですね。
この記事を読んでいる人も、近々入籍する予定があったり、なかったり、最寄りの自治体で婚姻届をもらおうと思っていたり……するなら、ちょっと待って!こまちウエディングでは、無料でダウンロードできる“オリジナル婚姻届”をご用意しているんです。


無料でダウンロードOK!「こまウエオリジナル婚姻届」

最近は、「オリジナル婚姻届」の無料ダウンロードができるサイトが増えています。もちろんこまちウエディングもそのひとつ!
ダウンロードしたデータファイルをA3サイズの用紙で印刷し、必要箇所を記入すれば全国の役所で提出することができます。

 


このとき、必ず守ってほしいのが「A3サイズの用紙で印刷すること」
サイズを間違えると、役所で提出することができません・・・。
A3サイズで印刷できるプリンターが自宅にない、という場合は「コンビニエンスストアのプリントサービス」などを使えば大丈夫です。

また、上質紙、コピー用紙など文字が書きやすい紙を選ぶのもポイント。役所で保管をする大切な届け出になりますので「記載した文字がしっかり見えること&消えないこと」が重要。なので、こすると消えるボールペンは使わず、書き損じてもいいように何枚か印刷しておくことをオススメします!

 

 

「こまちウエディング特製婚姻届」も無料でダウンロードOK!

新潟で、全国で結婚するおふたりのために♡ こまちウエディングも「オリジナル婚姻届」をご用意

(上段左:ボタニカル 上段右:サムシングブルー 下段左:ストライプ 下段右:ピンクハート)

※ダウンロードしたこまちウエディング特製婚姻届を一般的なプリンタで印刷すると、上下左右に余白が必要になります。詳しくはこちらのページの「印刷上のご注意」をご参照ください
※余白がないデザインはこまちウエディング本誌の付録になっています。新潟県内の書店やAmazonからお買い求めいただけます

 

日付を記入する部分の元号は、ご自身で手書きをしていただくような形にしてあるので、「令和」になった今も訂正することなくスムーズに使えます。

ちなみに、「平成」の記載がある婚姻届は、「平成」の部分を二重線で訂正して「令和」と記入すれば改元後も提出できるとのこと。詳しくは、提出する役所の窓口で確認してみてくださいね。

関連リンク【令和】休日・夜間に婚姻届は提出できる? 新潟県内全市町村対応まとめ

 

フォトジェニックな写真も撮れちゃいます♡

こまちウエディング特製婚姻届のポイントは、個性豊かなデザインはもちろん、フォトジェニックな#婚姻届フォトが撮影できること。

インスタグラムなどでよく見かけるスタイルはもちろん、

婚姻届の右下に、#婚姻届フォト専用のスペースをご用意しています♡ おふたりのマリッジリングを置いて、ステキな記念を残せますよ。

各デザインの婚姻届けフォト専用スペースはこんなデザインになっています。

お互いへのメッセージを書いて残せる「記念用婚姻届」も

婚姻届は役所に提出してしまうので、写真には残せても現物を手元に残すことができません。でも「こまちウエディング特製婚姻届」は「提出用婚姻届」だけでなく「記念用婚姻届」もご用意しています!

記入欄は提出用と同じ内容のまま、用紙の右下にお互いへのメッセージが書けるスペースを作りました。これまでの感謝や入籍するときの決意など、今、このときのお互いへの思いを自筆の文字で残しておくことができます。

「記念用婚姻届」を記入して残しておけば、婚姻届を記入したときの緊張感や幸せいっぱいの気持ちをいつでも思い出すことができますよ。

各デザインのメッセージスペースはこんなデザインになっています。

記入欄の下の「Happily ever after」は「それからずっと幸せに」という意味なんですよ♡

ふたりのメモリアルな瞬間をもっとステキに、一生の思い出に♡

入籍を考えているカップルにオススメの「オリジナル婚姻届」をご紹介しました。
こまちウエディングでは毎号違ったデザインの婚姻届が付録になっています!
無料でダウンロードできて、元号を書き込んで使える「こまちウエディング特製婚姻届」を、ぜひ活用してみてくださいね。


関連リンク【令和】休日・夜間に婚姻届は提出できる? 新潟県内全市町村対応まとめ

【関連リンク】提出して、飾って、保管もできる! デザイン婚姻届「tsumugu(つむぐ)」がスゴイ

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“ウエディングトピックス”の最新記事はこちら

このページの先頭へ