会場コーディネートの参考に♡先輩カップルのメインテーブルアイデア集

こまウエ編集部TEXT by こまウエ編集部

2020.05.25

ウエディングトピックス

披露宴でふたりが座る高砂は、一番目立つ場所だからこそこだわりたいところ。こまちウエディングで取材した先輩カップルの結婚式当日のコーディネートを参考に、「こんな風にしたい!」というアイデアを見つけて♡

 

▼選べるご祝儀プレゼント中!フェアで気になる会場を見学しよう▼

キャンドルで落ち着いた雰囲気

シックな会場に合わせて、グリーン多めのコーディネート。ふたりの後ろに掲げたオリジナルのタペストリーもポイント。

メインテーブルやゲストテーブルに水に浮かぶキャンドルを置いて、温かみのある雰囲気。

白をベースにした会場にくすみカラーを合わせたこちらは、かわいすぎず大人っぽいイメージに。

ふたりが用意したキャンドルには、ゲストに結婚式を楽しんでほしいというメッセージを込めて♡

 

差し色をポイントに

サムシングブルーを意識して、装花やペーパーアイテムにブルーを取り入れたそう。お色直しのドレスもブルー系で、相性ピッタリ。

ブラウンで統一された会場に黄色い花をあわせて、装花全体を会場のアクセントにするアイデアも。ブーケも合わせてコーディネートするのもオススメです。

 

▼選べるご祝儀プレゼント中!フェアで気になる会場を見学しよう▼

 

こだわりのソファ席

ゲストが主役の結婚式を叶えたふたり。「ゲストと近い距離で過ごせるように」と、高砂ではなくソファ席を選択。鳥かごやドライフラワーも使い、おしゃれな空間に♡

こちらは、ソファ席の上にテーマカラーの布やライトをコーディネートして、統一感アップ!

リラックスして過ごせるレストランウエディングを行ったふたりは、コーディネートでも自然な雰囲気を意識。落ち着いた色味でそろえて、落ち着いたおしゃれ空間を作りました。

たくさんのゲストと近い距離で写真を撮りたいふたりには、長めのソファがオススメ!バルーンやクッションで華やかな印象もプラス。

こちらは、新郎新婦の入場前やお色直しでの退席中、大好きなキャラクターのぬいぐるみを代役にするアイデア。ふたりがいない間も和やかな雰囲気に。

 

結婚式を行う季節に合わせて

コーディネートのテーマは「ナチュラル」。11月の結婚式に合わせて秋っぽい落ち着いた色の花をチョイス。小物に使った木も見事にマッチしています☆

4月に結婚式を行ったふたりは、コーディネートでも春を意識。パステルカラーの花とグリーンでかわいらしくも大人っぽい雰囲気に。

ブック型の小物を置いて、アンティークな要素もプラスしました。

夏の結婚式だったこちらのカップルは、ヒマワリをポイントに使い季節感を演出。みずみずしいグリーンとの相性もバッチリ!

 

▼選べるご祝儀プレゼント中!フェアで気になる会場を見学しよう▼

 

グリーンをメインに

白を基調とした会場にグリーンを合わせて、フレッシュな印象に。会場と自然になじむ、白とグリーンの花もポイント。

こちらは高砂の後ろにもグリーンを配置して、より自然を感じる空間に。

ゲストテーブルの装花も瓶にいけて、切り株で高さを出すなど、ナチュラルなイメージで統一しました。

 

まとめ:スタッフとも相談してふたりだけの空間を作ろう

披露宴会場は、結婚式当日ゲストが一番長くいる場所。だからこそ居心地良く過ごしてもらいたいですよね。テーマや季節、こんな風に過ごしたいなどふたりの希望を伝えると、会場スタッフがさまざまな案を提案してくれるので、気軽に話してみて。実際にスタッフが結婚式の疑問や、こんな結婚式にしたい!という相談に乗ってくれるブライダルフェアは、会場検討の際に必ず参加しよう☆

 

▼選べるご祝儀プレゼント中!フェアで気になる会場を見学しよう▼

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“ウエディングトピックス”の最新記事はこちら

このページの先頭へ