【結婚式レポート】もてなし重視の演出でゲストと絆を深めた和の祝宴@The Garden Terrace おゝ乃/三条市

kiseTEXT by kise

2019.05.09

結婚式レポート

三条市の「The Garden Terrace おゝ乃」で和の祝宴をかなえたKご夫妻。以前から和のウエディングに憧れていたという花嫁さんは、「プランナーさんをはじめスタッフ皆さんの温かな雰囲気に引かれました。実家から白無垢で出発できる点も魅力でした」と、「The Garden Terrace おゝ乃」での挙式を決めました。

憧れの和の祝宴をかなえたKご夫妻の感動的な一日をご紹介します。

→「The Garden Terrace おゝ乃」の見学ができるブライダルフェアはこちらから

 

和のウエデイングにぴったりの人力車で華々しく登場!

白無垢姿で実家から出発し、近所の人に見守られて新郎の元へ。当日は天候にも恵まれ、人力車に乗りゆっくりと挙式会場へと移動。その華やかな姿にゲストから歓声の声が上がりました。

 

ピンと張り詰めた緊張感の中、「The Garden Terrace おゝ乃」の館内神殿で神前式が行われました。

 

「神前式だったのでリングピローも和のデザインにしたくて手作りしました。鶴や花を手芸し、イメージ通りにできました」と新婦さん。

 

三三九度や誓詞奏上、指輪交換などの儀式を執り行い、厳かに愛を誓い合いました。 「厳粛な雰囲気でとても緊張しましたが、良い思い出になりました」とふたり。

 

ムービーに、スピーチに、親友の余興に…。思わずあふれ出す笑顔と涙

親善式後の披露宴も、Kご夫妻のこだわりが随所に。新郎の力作というプロフィールムービーが流れると、その懐かしい写真に涙ぐむ親族も。

 

新婦は艶やかな色打掛に着替えて入場。「高砂まで移動する際、プロフィールムービーに涙している親族を見て、思わずもらい泣きしてしまいました」と新婦さん。

 

「神前式では憧れていた綿帽子と白無垢を叶えたので、披露宴ではイメージを変えたくて赤の色打掛に着替えて入場しました」と新婦さん。披露宴では、こも樽を使ったプチ鏡開きやデザートビュッフェ、ムービー、友人余興など心のこもった演出が多数。

 

「各テーブルに手作りの『こも樽』を置き、プチ鏡開きを行いました。中には当たり付きのお菓子を入れて、当選
者にはプレゼントを贈呈しました」と新婦さん。

 

新婦の幼なじみで親友の温かいスピーチに思わず涙してしまう新婦さん。

 

ウエディングドレスでお色直し入場した後、豪華なウエディングケーキを笑顔でカット。「インパクトがあり見栄えもする3段のケーキをオーダーしました。イチゴもたっぷりでイメージ通りでした」と新婦さん。

 

女性に大好評だったというデザートビュッフェ。ふたりもサーブを行い、ゲストと触れ合いながら感謝の気持ちを伝えた。

 

ゲストも参加! 箱の中身当てクイズ

「新郎友人の余興で、箱の中身当てクイズを行いました。ゲスト参加もあり、会場全体で盛り上がりました」とふたり。

 

箱の中身は、ゲストからのお祝いメッセージが書き込まれたミッキーマウスとミニーマウスの人形。

 

フィナーレでは「号泣してしまうから」と花嫁の手紙はあえて読まず、両親に記念品とともに贈呈。ふたりと家族の愛情、そして大切な友人との強い絆を感じられる、感動的な和の祝宴でした。

 

新婦こだわりの手作りアイテムがゲストをお出迎え

「手作りするのが大好き」と話す新婦さんは、この日のために心のこもったウェルカムアイテムを多数制作。なかでも、刺しゅうで仕上げたウェルカムボードはお気に入りのひとつ。「ウェルカムボードを刺しゅうで仕上げました。鳥とカラフルな小花をあしらったデザインで優しい雰囲気にしました。ほかにも、新郎新婦が手をつないでいるデザインも作りました」と新婦さん。

最初にゲストを出迎えるのはウェルカムアイテム。Kご夫妻のアイテムをぜひ参考にして、すてきな結婚式をかなえてくださいね。

こまちウエディング.netで「The Garden Terrace おゝ乃」の詳細を見る

新潟でふたりにピッタリの結婚式場を探そう♡

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“結婚式レポート”の最新記事はこちら

このページの先頭へ