【結婚式レポート】憧れの神前式と和やかな披露宴をどちらも叶えた誕生日ウエディング@イタリア軒/新潟市

こまウエ編集部TEXT by こまウエ編集部

2018.05.22

結婚式レポート

神前式&会話重視のパーティーでゲストとふたりの絆を深めた一日♡

 

県外からのゲストが多く、ホテルでの結婚式を考えていたTさんご夫妻。イタリア軒を見学した際、泊まれるブライズルームや、会場やホテル全体の雰囲気が気に入り決定。ちょうど空いていた日は新婦の誕生日!ホテルで叶えたバースデーウエディングを紹介します!

 

挙式は館内神殿で厳かに

神前式に憧れていた新婦。館内神殿で行った神前式には、親族のみが参列。白無垢に身を包み、親族が見守る中、夫婦の誓いを交わしました。

 

挙式は親族のみの参列だったため、披露宴から参加するゲストにはオープニングムービーで和装姿をお披露目。

 

演出は控えめに、会話重視の披露宴

披露宴では、ガラリとイメージを変えてドレス&タキシード姿で登場。新婦は、「神前式では父と一緒に歩けないから」と、お父さんにエスコートをお願い。とっても良い思い出になったそうですよ♪

 

新郎は、大好きな祖母&祖父の写真と一緒にお色直し退場。幼い頃から大好きだったふたりとの退場に、親族ゲストもほっこりする瞬間でした。

 

お色直し後は、キャンドルサービスで各テーブルをラウンド。ライトダウンした会場でのキャンドルサービスは幻想的な雰囲気に包まれました。

 

県外からのゲストが多かったため、「披露宴はゆっくり過ごしてほしい」と、歓談を多めに用意。歓談中はふたりが各テーブルをまわって写真撮影や会話を楽しみました。「久しぶりに会うゲストともたくさん話せてうれしかったです」とふたり。

 

両親には、花束とオリジナルボトルのお酒をプレゼント。世界でひとつの贈り物に、ご両親もこの笑顔♪

 

憧れともてなしを重視した一日に

挙式では綿帽子をかぶった新婦。実は、角隠しにも憧れていて、挙式リハーサルや親族紹介では鬼隠しを着けていました。「選び切れなかったので、どちらも叶えられて本当にうれしかったです!」と新婦。

また、ふたりからの引出物には、新郎の親族には新婦の地元の品を贈るなど、ちょっとした自己紹介も。お互いのことを知ってもらい、地元のものでもてなしたいというふたりの思いが感じられる一日。久しぶりに会う大切な人たちに囲まれ、忘れられない誕生日ウエディングになったそうです☆

 

ふたりが和やかなバースデーウエディングを叶えたのはこちら♪→イタリア軒

試食付きフェアでは、ふたりが気に入った泊まれるブライズルームや会場の雰囲気もチェックできますよ♪

 

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“結婚式レポート”の最新記事はこちら

このページの先頭へ