思いを込めた温かな演出で「ありがとう」を伝えた結婚式@アーククラブ迎賓館/新潟市

こまウエ編集部TEXT by こまウエ編集部

2021.10.08

結婚式レポート

人前式、披露宴と通して、感謝を伝えることをコンセプトにしたY夫妻。会場を選んだ理由は、大きな窓から庭の緑が見える、ウッディなチャペルが気に入ったからだそうです。「大切な人たちに感謝を伝える結婚式」を目指したふたりの結婚式の様子をお届けします。(挙式日:2021年1月)

ふたりも参加したアーククラブ迎賓館のフェアで結婚式を体験

 

亡き母の代わりに、父のベールダウンで挙式がスタート

天国にいる新婦の母に代わり、父がベールダウンをして挙式スタート。

人前式では、ゲストへの感謝の言葉を誓いに盛り込みました。「みんなの前で誓える幸せを実感しました」とふたり。

挙式後はゲスト全員と集合写真を撮影。

ふたりも参加したアーククラブ迎賓館のフェアで結婚式を体験

家族を巻き込んだ演出で一生に残る思い出作り

感謝と「これからもよろしく」の思いを込め、両親へのサンクスバイト。

和装にお色直しし、番傘で華やかに入場。

新婦の父、姉妹、甥・姪と新郎が、この日のために猛練習した2曲を披露しました。

新郎から新婦へ手紙&バラのサプライズプレゼント!

ふたりも参加したアーククラブ迎賓館のフェアで結婚式を体験

30着以上試着したこだわりの衣裳をチェック

ウエディングドレスは、30着以上試着して購入したというこだわり。「シンプルなマーメイドラインが大人っぽくて引かれました。歩くと揺れる、しなやかな素材感にもうっとり」と新婦。

白地に黄緑や橙色、金の模様が描かれ、優しさと華やかさが感じられる打掛にひと目ぼれ。紋服は珍しい深緑にしました。

ふたりも参加したアーククラブ迎賓館のフェアで結婚式を体験

個性的なテラコッタカラーで装花もケーキもコーディネート

会場の装花は、個性的でいて温かみがあるオレンジ系のテラコッタカラーに。ウエディングケーキにも飾って統一感を持たせました。

ウエディングケーキは、シンプルな二段ケーキを金箔とテラコッタカラーの花をちらして、大人っぽくデコレーション。

会場はスタイリッシュな装花でコーディネート。ふたりの席にはドレープを足して洗練された雰囲気に。

ふたりも参加したアーククラブ迎賓館のフェアで結婚式を体験

「大切な人たちへの感謝」をコンセプトにした結婚式

人前式では、ムービーの中で新婦が亡き母へ感謝を伝え、誓いの言葉としてふたりはゲスト一人ひとりに向けて「ありがとう」を語りました。披露宴のプログラムには、サンクスバイトや演奏の余興など家族が登場するシーンを盛り込み、アットホームな雰囲気の中でゲストをもてなしました。「いろいろ悩んだけれど、結婚式をして、ちゃんと気持ちを伝えられて良かったです」と、ふたりはにっこりとほほ笑みました。(挙式日:2021年1月)

 

アーククラブ迎賓館のフェアでは、実際のチャペルで入場体験ができる体験型のフェアや、少人数婚向けのフェアなど魅力たっぷりのフェアが満載!気になるふたりはぜひチェックしてみてくださいね。

ふたりも参加したアーククラブ迎賓館のフェアで結婚式を体験

 

こまちウエディング.netでは、ただいまネットからのフェア予約&訪問で、最大25,000円分のギフトカードがもらえるスペシャルキャンペーンを開催中です!

2021年10月31日までの限定なのでぜひ活用してください!

※キャンペーンの詳細はキャンペーンページをご確認ください

フェア予約&訪問でギフトカードを全員にプレゼント!

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“結婚式レポート”の最新記事はこちら

このページの先頭へ