50周年記念の特典いっぱい!母娘での参加もOKな新潟市「迎賓館TOKIWA」のブライダルフェアへ行ってみよう

こまウエ編集部TEXT by こまウエ編集部

2020.01.07

ウエディングトピックス

新潟市中央区にある結婚式場「迎賓館TOKIWA」。今年で50周年を迎えるこちらの会場では、多彩な空間と演出を組み合わせたふたりらしい結婚式が叶います。どんなことができる会場なのか?先輩花嫁やゲストに愛され続ける“迎賓館TOKIWA”の魅力を、3つのポイントでご紹介!


POINT1:TOKIWAならでは!ゲスト全員参加で行う「護国神社」での神社婚


挙式の舞台は、厳かな神殿を持つ「新潟縣護国神社」。ゲストとともに参道を歩む「参進の儀」をはじめ、ふたりの大切な瞬間をゲスト全員が見守ってくれる結婚式は“迎賓館TOKIWA”ならではです。





厳かなセレモニーの後は、折り鶴シャワーやバルーンリリースなどの華やかな演出も可能。和の装いが映える空間でふたりらしい一日が叶うのが、“迎賓館TOKIWA”で行う結婚式の魅力です。


POINT2:“TOKIWA”が誇る人気の2会場に、TVCMでも話題の新コーディネートが登場!



挙式の後は、ゆったりと食事を楽しむ披露宴を。“迎賓館TOKIWA”には、異なるテーマを持つ5つのパーティー会場があり、なかでも先輩花嫁に人気の高い2会場がコーディネートを一新したばかり!





写真上から、新コーディネートで生まれ変わった「ロイヤルヴェッセル」と「ガーデンヴィラ」。どちらも、クラシカルで上質なムードが特徴です。会場の雰囲気や叶えたい演出、ゲストとの距離感など、ふたりの希望を伝えてぴったりの会場を探しましょう。

POINT3:名工が手掛ける和+フレンチに舌鼓!豪華な二部構成の婚礼料理

ゲストの満足度を左右する料理は、味とクオリティーにこだわりたいもの。“迎賓館TOKIWA”の婚礼料理は、和食とフレンチの二部構成になった豪華なコースです。



和食は「にいがたの名工」を受賞した佐野秀之日本料理長が作る特別会席。フレンチは、日本エスコフィエ協会ディシブルシェフ・吉澤寛氏によるフルコースで、目も舌も楽しませてくれる自慢の料理が並びます。
試食できるブライダルフェアもあるので、気になるふたりは実際にその味を確かめて。

50周年の特典いっぱい!“迎賓館TOKIWA”のブライダルフェアへ行こう

新潟市で多くのカップルに選ばれ続け、今年50周年を迎える“迎賓館TOKIWA”のブライダルフェアは「母娘ふたりで」「家族と一緒に」など、気軽に参加できるのもポイント。当日予約OKなフェアもあるので、気になったらまずは実際に足を運んで確かめてみてくださいね。

迎賓館TOKIWAの見学はこまちウエディングで

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“ウエディングトピックス”の最新記事はこちら

このページの先頭へ